熊本地震から一年&秋篠宮さま

NMB48の、しゅうの卒業コンサートをうけて、ちょっと心が鬱になっています・・・。


しゅうの事を想うと、また、涙が零れそうになる・・・。

 

そして、今日で、熊本地震から一年が経ちました。


犠牲になられた方に改めて哀悼の意を表します。

************************************************************

秋篠宮さま呼称「皇嗣殿下」を例示 宮内庁

政府は13日、天皇陛下の退位に関する有識者会議(座長・今井敬経団連名誉会長)が6日に実施した集中討議の議事概要を首相官邸のホームページで公表した。皇太子さまの即位後に皇位継承順位1位になる秋篠宮さまの呼称に関し、宮内庁が「秋篠宮皇嗣殿下、皇嗣秋篠宮殿下、皇嗣殿下という呼称は十分可能である」と説明していたことが分かった。

有識者会議は陛下の退位後の制度設計について議論を進めており、秋篠宮さまの呼称が焦点の一つになっている。6日の討議では「秋篠宮家の名称、存在は30年にわたり国民に認知され親しまれていることは事実だ」と「秋篠宮」の呼称存続を求める声が出た。そのうえで皇位継承順位1位を意味する「皇嗣」の呼称を使うなど秋篠宮さまの地位を明確にすべきだとの意見が出た。

有識者会議は13日夕も首相官邸で会合を開き、秋篠宮さまの呼称を含めた制度設計を詰め、最終提言となる報告書の概要を公表する見通し。

 

 


あのね、今上天皇生前退位したら皇太子徳仁親王が継承します。


その次が秋篠宮文仁親王が継承します。


そして、その次が悠仁親王なんですね。


これ、悠仁親王が若くして病死などしたら、そこで天皇制って終わっちゃうんですよ。


だから、前から記しているとおり、…まず女性天皇を認める。


そして戦後GHQが潰した13の宮家を復活させる。


それしか無いんです。


ただ、僕は女性天皇には賛成ですが、女系天皇には反対の立場です。

AKB48の木崎ゆりあ卒業発表&浅田真央さん引退

本日、AKB48(SKEから完全移籍中)が卒業発表をしました。


卒業の理由は13歳から21歳まで8年間アイドルをやってきて、もうお腹いっぱいという事と、女優で頑張っていきたいというものでした。


偶然、今月の23日は、ゆりあとの大写真会です。


ゆりあはねぇ~~ 2013年頃、めっちゃ可愛かったです★


「リクアワ2013」で、くーみん(卒)との「狼とプライド」が10位台でしたね。


卒業発表はしましたが、年内までいる可能性もあるそうです。


卒業コンサートはSKE48に帰してあげて行ってほしいです(無理な話だけど…)。


ゆりあ♡ 長い間、本当にお疲れ様でした。


AKB48・TeamBのキャプテンでしたからね。


女優業、応援します!


23日の大写真会で会いましょう!

***********************************************************************

フィギュアスケート女子の五輪銀メダリスト、浅田真央さん(26)は12日午前、東京都内のホテルで記者会見を開き、引退を発表した。会見を終える直前、あふれ出しそうな涙をこらえ、「笑顔で新たな人生を見つけて前に進んでいきたいと思っています」と語った。引退会見の主な発言は以下の通り。


「2日前にホームページでお知らせしましたが、浅田真央は選手生活を終えることを決めました。長い選手生活、たくさん山がありました。乗り越えられたのは支えてくれたファンのおかげです。今日は感謝の気持ちを皆さんにお伝えできればと思います」

 ――今の心境は。

 「この場に立って、これだけのたくさんの方がいらしてくれてびっくりした。今の気持ちは落ち着いている」

 ――引退を決めた際に印象に残った周囲の言葉は。

 「皆さん『お疲れさま』と言葉をかけてくれた。私も『選手生活を終えるんだな』という気持ちになった。今はすごく晴れやかな気持ち」

 ――引退の理由は。

 「(2015年10月に)復帰してからいい形でスタートできたが、そこから練習するにつれて、試合に出るにつれて、復帰前よりつらいことが多くなった。今のスケート界はすごいので、私自身『ついていけるのかな』という思いが強くなった。気持ちや体の部分も復帰前よりつらかった」

 「復帰したシーズンは乗り切れたけど、2シーズン目は『なんとか頑張ろう』という思いだけでやってきた。でも最後(昨年12月)の全日本選手権で『もういいんじゃないかな』と思った。(18年の)平昌五輪に出る目標があったので、やりとげなきゃと思っていた。自分が言ったことは今までやり通してきたので葛藤はあった」

 ――最終的に引退を決断したのは。

 「全日本選手権が終わって(12位という)結果が出たとき、『終わったんだな』って。でも(平昌五輪まで)『やらなきゃいけないんじゃないかな』と思ってここまで(引退が)延びてしまった」

 ――現役生活で一番楽しかったことは。

 「フィギュアスケートには技がたくさんあるんだけど、一つずつできるのが楽しかった」

 ――つらかったことは。

 「ない。自分がやりたいことをやってきた道。つらいことはなかった」

 ――(10年の)バンクーバー五輪の思い出はあるか。

 「バンクーバー五輪の時は19歳。すごく若くて本当に気が強くて、強い気持ちだけで乗り切った気がする」

 ――(14年の)ソチ五輪では日本中に感動を与えた。振り返った感想は。

 「ソチ五輪はショートが残念な結果だった。すごくつらい気持ちだったが、フリーを最高の演技で終えることができた。バンクーバーからソチまでの4年間の気持ちを出し切った」

 ――印象に残る試合は。

 「ソチ五輪後の世界選手権。スケート人生の全てをぶつけた」

 ――最も印象的な演技は。

 「一つは難しいけど、やっぱりソチ五輪のフリーかなと思う。あれだけの挽回の演技が五輪でできたことが大きかった」

 ――2人のコーチに指導を受けてきた。

 「山田満知子先生は小さいころに指導を受け、スケートの楽しさや挑戦する楽しさを教えてもらった。その一方でスケートだけでなく、いろいろなことを教えていただいた先生。佐藤信夫コーチは大人になってから指導を受けるようになり、自分の意思もすごく強いので先生といろいろな話し合いの機会も多かったけど、それを静かに見守ってくれていた先生だった」

 ――15年に復帰してからの2年間の意味は。

 「ソチ五輪シーズンの世界選手権で引退していたら、今も『まだできたんじゃないかな』と思っていたと思う。でも自分が望んでチャレンジして出した結果なので今はやり残したことはない。『チャレンジできて良かった』と思っている」

 ――フィギュアスケートに今後どう関わるか。

 「5歳でフィギュアスケートを始めてずっとお世話になってきた。どんな形であってもフィギュアスケートに恩返しできるように頑張っていきたい」

 ――日本フィギュア界に送るエールは。

 「引退された大先輩をはじめ、(私も)これまで本当にスケート界を引っ張ってこれたかなと思う。これからは若い選手がどんどん出てきているので、若いパワーでフィギュアスケート界を引っ張っていってほしい」

 ――自身にとってフィギュアスケートはどんな存在か。

 「どんな存在かな。難しい。一言でいうと人生かなと思う」

 ――自分を褒めたいところは。

 「私ははまってしまったらすごくはまるんだけど、すぐに飽きちゃう性格。でもスケートは5歳から続けてきた。『長い間すごいね、続けてこられたね』と言いたい」

 ――どんなスケート人生だったか。

 「私の全てがスケートなので、本当に人生」

 ――ファンには何と声をかけたいか。

 「たくさんのファンの方が長い間、良いときも悪いときも応援してくれた。私の励みやパワーになった。本当に感謝している。ありがとうございました」

 ――演技で「ノーミス」にこだわり続けた意図は。

 「みんな試合に向けて練習しているからミスをしたくないと思うけど、私は試合に強いタイプではないのであえて言っていたと思う」

 ――代名詞のトリプルアクセルへの思いは。

 「伊藤みどりさんのようなトリプルアクセルを跳びたいと思ってその夢を追ってやってきた。跳べたときはうれしかったし自分の強さでもあったが、反面、悩まされることも多かった」

 ――ここまで競技生活を続けてきた支えは。

「一つは自分の目標。あとは、やっぱりたくさんの方に支えられて、たくさんの方の応援があったからだと思う」

 ――世界選手権で日本女子が取った平昌五輪の枠は2つ。前回の3から減った。

 「平昌五輪に出る目標があって『それをやめて引退する自分を許せるのかな』と迷っていた。最後に話し合いをして決めたのが2月。(3~4月開催の)世界選手権は関係ない。(枠が減るのは)残念だけど、たくさんの選手がハイレベルな試合を見せてくれると思う」


 


真央ちゃん★ これまで素晴らしい演技を魅せてくれて、本当に何度も何度も感動しました。

それだけ練習してきたって事だよね。

真央ちゃん…長い間、本当にお疲れ様でした。

そして、今まで、本当にありがとう☆

 

 

矢神久美木崎ゆりあ  狼とプライド
https://www.youtube.com/watch?v=x9UJb7dbMkI

f:id:AKIchang:20170413180322j:plain

ゆりあ♥

f:id:AKIchang:20170413180452j:plain

真央ちゃん、引退会見。記者団に背を向け涙しています…。

 

NMB48の、しゅうの卒業コンサート

僕は、2013年の『AKB48 2013 真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある』での、ともちん、麻里子様、さやかの卒業コンサートで、総選挙「フューチャーガールズ」(49位~64位)の「推定マーマレード」のセンターになった、NMB48の、しゅう(薮下柊)の大ファンになりました。


その、しゅうが今日、卒業コンサートを行いました。


NMB48のDVDやTwitterで、…しゅうはいつも明るい笑顔で、僕の心を癒してくれました。

 

僕は、9歳の時に強盗に母親を殺害されています。


僕の時計は9歳のまま止まっていました。


その心を前進させてくれたのは、僕の小説処女作「薫る時」から、ずっと感想文を書いてくれた、HPでLINKしてる、あにぃ(TOYOKUMAさん)と、しゅうでした。


もし、処女作「薫る時」の感想文をTOYOKUMAさんが書いてくれなかったら、僕は、”2作目を書こう!”と思わなかったと思います。


そのぐらい感動したんです。


TOYOKUMAさんは、僕の小説、全てに感想文を書いてくれています。


僕が今でも小説を書けているのは、TOYOKUMAさんのおかげと、…僕の小説2作品が小説コンテストで入賞したからです。

 

そして、僕の止まったままの心を前進させてくれた、もう一人の人物がNMB48の、しゅうでした。


しゅうの笑顔を見て、僕の心は癒されました・・・。


Twitterで、フォローしてる48Gのメンバーの中で最高の推しメンでした。


その、しゅうが卒業コンサートを行いました。


セトリは全て、しゅうが決めたらしいです。


19日で、しゅうは、卒業、…そして芸能界からも引退します。


19日がラストのツイートになると思います(その前日かも)。


しゅうが卒業発表した時、…僕は号泣しました。


けれど、今日は泣きません・・・(正直、これを書いていると涙が出そうになるのだけど…)。


19日、僕は号泣すると思います。


やっぱ…涙が零れてきた・・・。


今まで、どれだけ、しゅうの笑顔に救われてきたか・・・。


芸能界から引退ですから、もう二度と、しゅうを見ることは出来ません・・・。


心から、”ありがとう”って思います(TOYOKUMAさんにも)。


しゅうの卒業理由は、「勉学に励みたい」という事。


なので…背中を押してあげないといけません。


それは分かっているのですが、…19日から暫く僕は立ち直れないかもしれない…。


そのぐらい、これまで、しゅうの笑顔に救われてきたんです・・・。

 

(今日は、ふたつのブログをアップしています。 このブログの下にアップしています)。

f:id:AKIchang:20170412193655j:plain

しゅうの卒業コンサート、ラストの写真。

f:id:AKIchang:20170412193752j:plain

しゅうの同期(3期生)とのラスト写真。

ビルボードにチャートインした日本人アーティスト

1963年 坂本九Sukiyaki上を向いて歩こう)」 1位。


1963年 坂本九「China Nights」 58位


1979年 ピンク・レディー「KISS IN THE DARK」 37位


1980年 YMO「Cpmputer Game」 60位


1981年 YUTAKA(横倉裕) 81位


1990年 松田聖子&ドニー・ウォルバーグ「Right Combination」 54位


2016年 Pikotaro(ピコ太郎)「PPAP」 77位

徳永英明 『VOCALIST4』を聴いて。

今日、寒かったねぇ~~


さて、このアルバム、…いやぁ~~ これは名盤ですね!


演奏のアレンジが、とても心地よいです。


それとやはり、徳永さんのヴォーカルですよね。


『VOCALIST3』もね、聴き込むと、名盤だと解りました。

 

 

徳永英明 / やさしさで溢れるように
https://www.youtube.com/watch?v=GOx6YYl3Fvg

 


徳永英明 / 赤いスイートピー
https://www.youtube.com/watch?v=CGnGd5-tSAo

 

「未来予想図」がYOUTUBEにアップされてないのが残念です。

米海軍の原子力空母カール・ビンソン

米海軍当局者は8日、原子力空母カール・ビンソンを中心とする第1空母打撃群が、シンガポールから朝鮮半島に向け、同日、出航したと明らかにした。「朝鮮半島近くでのプレゼンス(存在感)を示すためだ」としている。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。

米海軍第3艦隊によると、カール・ビンソンはオーストラリアへの寄港計画を変更した。米太平洋軍のハリス司令官が命令を出した。

北朝鮮は最近、ミサイル発射やエンジン燃焼実験を繰り返している。5日にも弾道ミサイルを発射したが、失敗に終わったとみられる。

第1空母打撃群は1月上旬、西部カリフォルニア州サンディエゴを出港。南シナ海などで活動し、米韓両軍の合同野外機動訓練などに参加。カール・ビンソンは3月15日にも韓国南部釜山に入港している。

 

 

やはりね、北朝鮮を威嚇する事は大事なんだよね。


いつでも先制攻撃できるよ、というサイン(メッセージ)。

f:id:AKIchang:20170410170615j:plain

徳永英明 『VOCALIST3』を聴いて。

徳永さんの声質は、切なさと優しさが混在している。


とにかく! 癒されるアルバムです。


ただ、自分的に、あまり好きではない楽曲もあるので、長く聴けるアルバムではないと思う。

 

 


德永英明 / 恋におちて-Fall in Love-
https://www.youtube.com/watch?v=r2nHCgR9ZSE

 

徳永英明 - PRIDE
https://www.youtube.com/watch?v=VjJl3D-oFZI