読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE BEATLES 『LIVE AT THE HOLLYWOOD』のリマスタリングが凄い!!

多分、60年代のマスター・テープを一旦、バラバラにし、ジョンのヴォーカル、ポールのヴォーカル、ジョージのコーラス、ジョンのサイド・ギター、ポールのベース、ジョージのリード・ギター、リンゴのドラムを新たに抽出する作業だよね、ひとつずつ。

これは、物凄い時間がかかる、そして大変な作業だよね。


最近、色んなアーティストがリマスター盤をリリースしてるので追いつかないよ。


この『LIVE AT THE HOLLYWOOD』はCD化されていませんでした。

LPがあるらしい。


やっぱね、リマスタリングすると、低音がよく聴こえる。

だから、ポールのベースがよく聴こえる。


驚くのは、ビートルズの演奏って、実にしっかりしてる!!

観客の歓声は抑えています。


でもね、ジョンのMCが多過ぎ。

せっかくの流れが中断されてしまう。

これはカットしてほしかった。

でも、ジョンのヴォーカルってのは実にイイね★


セトリがなぁ~~ もっと歌ってほしかった曲が沢山あるなぁ~~

だから星4つ。

でも、長く聴けるCDだと思う。


1960年代のLIVEだからね。

レコーディング技術が今とはかけ離れてる。

それをリマスタリングしちゃうのだから、これに関わった人を尊敬しちゃいます。


ジョンのハスキーなヴォーカル最高です!

ジョンとポールとジョージのハモりは鳥肌もんです★

再度記すと、演奏が本当に、しっかりしてます。

まだドイツでLIVEを行っていた時に演奏のレヴェルが上がったんでしょうね。


部屋が寒すぎて、KBDを上手く打てない。

それでも冬は暖房を一切いれません。

 

 

追伸:買い替えたスマホの調子が悪いので、明日、auショップに行く予定。