首相「米新政権と強固に連携」 日豪首脳会談

安倍晋三首相は14日午後、オーストラリア・シドニーでターンブル首相と会談した。会談後の共同記者発表で安倍首相は「環太平洋経済連携協定(TPP)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の妥結に向けて連携することを確認した」と説明。「日米と米豪の同盟の重要性を再確認し、新政権とも強固に連携する意思を確認した」と述べた。

ターンブル首相は「法の秩序、自由貿易、開かれた市場への両国の連携を確認した」と強調。米国との関係について「両国にとって米国との関係は非常に重要だ。米国との同盟関係は今まで以上に重要で意味のあるものとなっている。次期政権とも密接に協力する」と述べた。

両首脳立ち合いの下、両国は日豪物品役務相互提供協定改定に署名した。安全保障関連法が定める「重要影響事態」での他国軍への後方支援として、自衛隊が豪州軍に弾薬を提供できるようになる。共同訓練を強化するための協議を進め、2017年中の合意をめざす方針も確認した。

 

 


いやぁ~~ 僕が望んでいた日豪首脳会談がやっと行われました。


中国が日本包囲網を作りだしてるからね。

なので、オーストラリア、シンガポールニュージーランドとの関係強化が望ましいんです。

この3ヶ国との首脳会談(訪問)を行ってほしいと、以前、「首相官邸・意見」に投稿しました。

その内容はブログにも記しました。

あと残りはシンガポールだけですね。

シンガポールまで親中派になってしまったら、日本としては、お手上げです。

痛いなんてもんじゃない。 ASEANが全て親中派になってしまう。

中国は、それを狙っている。

フィリピンの大統領は南シナ海に問題がある(中国に対して)事は表明したけれど、中国を名指しにはしなかった。

中国の対抗措置が怖かったんだと思います。

インドネシアとの関係性も大事です。

--------------------------

首相官邸・意見>に投稿 ↓

対・中国路線


以前、ここに「中国は日本包囲網を作ろうとしています。
なので、オーストラリア、ニュージーランドシンガポールとの関係強化(安倍総理の訪問)がとても重要になってきます」と投稿しました。
オーストラリアに訪問して下さって、ありがたいです。
ラオスカンボジアミャンマーブルネイ王国は親中派になりました。
これが中国の日本包囲網です。 中国は更にこの日本包囲網を拡大するでしょう。
なのでシンガポールとの関係強化が必要になってきます。 総理、是非、シンガポールに訪問して下さい。