安倍首相、官房長官 トランプ政権でも同盟関係強固に&トランプ氏、NATOは「時代遅れ」だ。

官房長官は閣議のあとの記者会見で、21日未明に発足するアメリカのトランプ新政権との関係について、日米同盟は日本の外交・安全保障の基軸だとして信頼関係を構築し同盟関係を強固なものとしていきたいという考えを示しました。

この中で、菅官房長官は21日未明、アメリカでトランプ次期大統領の就任式が行われ新政権が発足することについて、「日米同盟はわが国にとって外交安全保障の基軸であり、アジア太平洋の平和と安定のために極めて重要な役割を果たしている」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「政府としては、トランプ新政権との間でも信頼関係の上に揺るぎない日米同盟を確固たるものにし、きずなをいっそう強化していきたい。経済でも企業の進出や輸出や輸入において極めて重要な両国であるので、変わらずに繁栄することができるようにしっかりと対応していきたい」と述べました。

さらに、菅官房長官はアメリカ国内でトランプ次期大統領の言動などに対して根強い批判があることについて、「いろいろな意見があることは当然だと思うが、方向性はまさに自由で強い米国なのでしっかりと連携していきたい」と述べました。

安倍晋三首相は20日午後の衆院本会議で施政方針演説をした。日米同盟を外交・安全保障政策の基軸とする方針は「不変の原則」と明言し、トランプ次期米大統領との早期会談に意欲を表明。

外交では、まず日米同盟を取り上げ「トランプ新大統領と同盟の絆をさらに強化する」と強調した。日米両国が「世界の平和と繁栄のため、ともに力を尽くす責任がある」と訴えた。

経済政策について「確実に経済の好循環が生まれている」とアベノミクスの成果を強調した。20年度の財政健全化目標に触れないものの、「経済再生と財政再建社会保障改革の3つを同時に実現しながら一億総活躍の未来を切りひらく」との表現で健全化への配慮を示した。

 

 

 

これが正に日本の片想いというやつです。
トランプは、日本と同盟関係を強固にしようなどとは一切思っていないと思います。

そして、経済政策でのアベノミクスの成果は国民は一切、感じていません。

************************

(2017年1月20日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

「大西洋の時代」危機に、ダボス参加者の懸念


バイデン氏(米副大統領)もスカラムッチ氏(トランプ次期米大統領の顧問)も抗議が少々行き過ぎていた。両氏とも、トランプ氏のNATOは「時代遅れ」だという発言、英国のEU離脱に対する称賛、「私に言わせれば、他のEU加盟国も追随するだろう」という見立ての影響を拭い去ることはできなかった。このようなNATOとEUに関する発言が、そのままトランプ政権の方針になれば、米国は大西洋をまたぐ同盟を支える二大機構から遠ざかることになる。

EUは「ドイツのための乗り物」であり、さらに解体が進むだろうというトランプ氏の捉え方は、友人である英国独立党(UKIP)の前党首、ナイジェル・ファラージュ氏の政見と完全に結び合う。フランスの国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首は、トランプ氏の大統領選勝利を新たな世界の始まりとしてたたえた。

この脅威を受けて、今年欧州で行われる一連の選挙の重要性が大きく高まっている。ダボスでは、オランダ、フランス、ドイツの選挙で反EU政党の勝算は薄いというのが大方の見方だ。だが、昨年のダボスでトランプ氏の大統領選勝利も英国のEU離脱も切り捨てられていたことは、誰もが意識している。今年の成り行きについては、明らかに神経質な空気が感じ取れる。

あるEU高官は、トランプ氏が地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」から脱退する構えを見せるなか、「気候変動対策を主導するのはEUと中国になる」と言った。

この高官は同時に、EUは国際貿易・投資を含む幅広い問題で中国との協力に「今よりもずっと積極的」になる必要があるとも示唆した。

ただし、安全保障に関してはEU当局者の間でも、欧州各国の防衛費は不十分だとするトランプ氏の言い分は正しいと渋々ながら認める受け止め方が広がっている。

だが、NATOの同盟を支える広範な政治的理解がトランプ政権でも生き残るという確信は、ほとんどない。ダボス会議には出席しなかったが、メルケル独首相は最近の発言で新たなムードをこう捉えている。「欧州は自分で自分の面倒を見る必要がある」。

また、トランプ氏が米国務長官に指名したレックス・ティラーソン氏は、中国が南シナ海で建設している一連の人工島に対し、米国の態度がかなり硬化する可能性を示唆した。人工島建設プログラムをロシアによる違法なクリミア編入になぞらえ、トランプ政権は中国政府に対し、「これらの島に対する中国のアクセスは許されない」との明確なシグナルを送る意向だと述べた。

 

 

 


日本時間で、明日、トランプ政権が発足する。
さっそく、TPPからの離脱を表明するだろう。
U.S.は下手するとNATOからも離脱する可能性がゼロではない。
可能性がゼロではないが、そんな簡単にNATOからの離脱は無いと僕は思います。

メルケル独首相の「欧州は自分で自分の面倒を見る必要がある」という発言。
これは日本にも言える事です。

そしてトランプ政権の、中国の人口島へのスタンスは僕の予想が当たりました。

そしてヨーロッパと中国は貿易で確実に関係が良くなると思います。
ただしEU高官の、「気候変動対策を主導するのはEUと中国になる」という発言には疑問が残りますね。

就任式コンサートでトランプ氏は、”make America great again”と表明しています。