読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NMB48の、しゅうの卒業コンサート

僕は、2013年の『AKB48 2013 真夏のドームツアー~まだまだ、やらなきゃいけないことがある』での、ともちん、麻里子様、さやかの卒業コンサートで、総選挙「フューチャーガールズ」(49位~64位)の「推定マーマレード」のセンターになった、NMB48の、しゅう(薮下柊)の大ファンになりました。


その、しゅうが今日、卒業コンサートを行いました。


NMB48のDVDやTwitterで、…しゅうはいつも明るい笑顔で、僕の心を癒してくれました。

 

僕は、9歳の時に強盗に母親を殺害されています。


僕の時計は9歳のまま止まっていました。


その心を前進させてくれたのは、僕の小説処女作「薫る時」から、ずっと感想文を書いてくれた、HPでLINKしてる、あにぃ(TOYOKUMAさん)と、しゅうでした。


もし、処女作「薫る時」の感想文をTOYOKUMAさんが書いてくれなかったら、僕は、”2作目を書こう!”と思わなかったと思います。


そのぐらい感動したんです。


TOYOKUMAさんは、僕の小説、全てに感想文を書いてくれています。


僕が今でも小説を書けているのは、TOYOKUMAさんのおかげと、…僕の小説2作品が小説コンテストで入賞したからです。

 

そして、僕の止まったままの心を前進させてくれた、もう一人の人物がNMB48の、しゅうでした。


しゅうの笑顔を見て、僕の心は癒されました・・・。


Twitterで、フォローしてる48Gのメンバーの中で最高の推しメンでした。


その、しゅうが卒業コンサートを行いました。


セトリは全て、しゅうが決めたらしいです。


19日で、しゅうは、卒業、…そして芸能界からも引退します。


19日がラストのツイートになると思います(その前日かも)。


しゅうが卒業発表した時、…僕は号泣しました。


けれど、今日は泣きません・・・(正直、これを書いていると涙が出そうになるのだけど…)。


19日、僕は号泣すると思います。


やっぱ…涙が零れてきた・・・。


今まで、どれだけ、しゅうの笑顔に救われてきたか・・・。


芸能界から引退ですから、もう二度と、しゅうを見ることは出来ません・・・。


心から、”ありがとう”って思います(TOYOKUMAさんにも)。


しゅうの卒業理由は、「勉学に励みたい」という事。


なので…背中を押してあげないといけません。


それは分かっているのですが、…19日から暫く僕は立ち直れないかもしれない…。


そのぐらい、これまで、しゅうの笑顔に救われてきたんです・・・。

 

(今日は、ふたつのブログをアップしています。 このブログの下にアップしています)。

f:id:AKIchang:20170412193655j:plain

しゅうの卒業コンサート、ラストの写真。

f:id:AKIchang:20170412193752j:plain

しゅうの同期(3期生)とのラスト写真。