QUEEN 『GREATEST HITS』

(今日は21時から「2018WC・ロシア大会 アジア地区最終予選 イラク×日本」が21時から放送されます。

感想は明日書きます。

B組は8日に3位オーストラリアが2位サウジアラビア戦に勝ち、1試合少ない首位の日本を含めた3カ国が勝ち点16で並んでいる。

日本は今日のイラク戦に○の場合は勝ち点19で3差をつけて首位のまま。3位以内が確定する。

さらに8月31日のホーム・オーストラリア戦に○ならば2位以内が確定し、WC本大会出場が決定。

その2日前に行われる予定のUAE―サウジアラビア戦でサウジアラビアが●の場合は△でも出場が決まる。

ただし、イラク戦に●の場合は状況は一変する。首位を守る可能性はあるが、残り2試合は上位を争う2カ国との直接対決、オーストラリア戦、アウェー・サウジアラビア戦だけに厳しい戦いとなる。

また、イラン[FIFAランキング=30位]がブラジル[FIFAランキング=1位]に続きWC出場を決めた。)

**************************************************************************************

The JSDF participated in joint exercises with forces of France, U.K. and U.S. on Guam and Northern Mariana Island.


自衛隊は、グアムにて、日仏英米共同訓練に参加しました。


いよいよアメリカが動きましたね。


これは、仮想敵国は中国ですよね。


訓練にしろ、実際に紛争になった場合、日仏英米・包囲網が出来ますね。


これは意義ある共同訓練ですよ。


この共同訓練は何度でもした方がいい。


1度だけの共同訓練では意味が無い。


次回はオーストラリア軍も参加した方がいい。

 

そして、ドイツが中国側にまわりましたね。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

強いEUへ追い風 仏マクロン新党大勝の勢い


フランス国民議会(下院)選挙の1回目投票で、マクロン氏の新党「共和国前進」が大勝する勢いをみせた。このままの流れを保ってフランスで安定政権が誕生すれば、欧州の政治リスクは大きく下がる。ドイツでもメルケル首相が4選するとの見方が強まっており、独仏を中心に強い欧州連合(EU)を目指す体制が整いつつある。


決選投票の18日は1週間後に迫っているため、マクロン氏率いる共和国前進が、決選投票でも現在の勢いを保つとの見方が多い。国民議会選では組織力がない共和国前進が苦戦するとの予想もあったが、大勝の可能性は高まっている。

 

 

うん。 フランスで安定政権が誕生する事は世界にとっても重要。


中国包囲網には、英仏だけでなく、オーストラリアも必要。


イギリスの指令で、いつでもオーストラリアは動く。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------

英保守党、閣外協力足並み乱れ 地域政党が合意否定


英国のメイ首相率いる保守党と、北アイルランド保守政党民主統一党DUP)の連携協議に足並みの乱れが生じている。英官邸は10日、両党が連携で大筋合意したと発表したが、DUP側が協議はまだ継続中だとしてこれを否定。メイ氏は11日も組閣を続け、欧州連合(EU)離脱交渉への足場固めを急いでいるが、続投を疑問視する声も強まっている。

 


うん。保守党は過半数議席を獲得できなかったからねぇ~~


年内にも、新たなリーダー選出が必要だと思う。

**************************************************************************************


僕は、中学生の時にクイーンを知りました。


でも、CDは1枚も持っていませんでした。


なので、今回、『GREATEST HITS』を買いました。


お勧めは、リマスター盤の『JEWELS』です。


クイーンのヴォーカリストフレディ・マーキュリーバイセクシュアル(bisexual)でエイズで死亡した事も知っています。


死去した事は実に悲しいことですが、バイセクシュアルやエイズに感染した事などは、どうでもよい事です。


そんな事より、ロック界において7オクターヴを出せるヴォーカリストは、フレディ・マーキュリー以前にも以後にもいません。


また、ドラムのロジャー・テイラーが物凄い高音を出せます。


アルバムでの楽曲には、フレディ・マーキュリーもコーラスに参加しているので、重層なコーラスになっています。


クイーンの大半の曲はフレディ・マーキュリーが作詞・作曲しています。


ピアノで作曲したものが多いですが、なかにはギターで作曲した楽曲もあります。


フレディ・マーキュリーペルシャ系インド人です。


1991年11月24日、45歳という若さで天国に逝きました。


主に70年代中頃から80年代にかけて、クイーン、エアロスミス、キッスは世界の3大ロック・バンドと言われました。


では、フレディ・マーキュリーの7オクターヴの歌声を聴いて下さい。

 

 

Queen - Play The Game
https://www.youtube.com/watch?v=Lr2iDWQSwsI


Queen - Tie Your Mother Down
https://www.youtube.com/watch?v=QGDGwDnJvps
(アルバム未収録です)


Queen - Don't Stop Me Now
https://www.youtube.com/watch?v=HgzGwKwLmgM
この再生回数!!


Queen - Somebody To Love
https://www.youtube.com/watch?v=kijpcUv-b8M


Queen - Seven Seas Of Rhye
https://www.youtube.com/watch?v=wGoxqrV8iKQ


Queen - Killer Queen
https://www.youtube.com/watch?v=aSQwI3rDETk


Queen - I Was Born To Love You
https://www.youtube.com/watch?v=uMGjN8-9IG0
正確には、フレディ・マーキュリーのソロ曲です。

CMで流れていたので聞いた事がある人もいることでしょう。

ヒッキー(宇多田ヒカル)が尊敬するアーティストに

フレディ・マーキュリーの名を挙げています。

 

Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13
https://www.youtube.com/watch?v=A22oy8dFjqc
24分のLive動画です。

観客が10万人ほどいるので、凄い迫力です!!