欅坂46に“刃物男“ 握手会ビジネスはやめるべきなのか?

「刺し殺そうとした」

先週土曜日、幕張メッセで行われていた人気アイドルグループ・欅坂46の握手会で、自称札幌市の無職・阿部凌平容疑者(24)が発煙筒のようなものを点火し、警備員に取り押さえられた。阿部容疑者は果物ナイフを所持していたため、銃刀法違反の疑いで駆けつけ警察が現行犯逮捕、昨日送検された。事件を目撃した人は「煙が上がって、そのあと破裂音がして周りがすごいパニックになった」と話す。

阿部容疑者は金属探知機での検査前にナイフや発煙筒が入っていたとみられるカバンを忘れ物として係員に届けていた。そして、検査をすりぬけた後、別の係員に忘れ物をしたと名乗り出て、カバンを受け取ったという。逮捕された際にズボンのポケットに隠し持っていたナイフは、握手を待つ間にカバンから移し替えた可能性があるとみられている。

事件から一夜明けた25日の握手会には会場付近に警察官20人を配置。普段よりも入念な手荷物検査が行われ、フリースペースは閉鎖されたという。参加した人は「結構厳重に調べられて、飲み物も一回飲んで見せてから入った。握手する直前は『ずっと両手を挙げていてください』みたいな感じで、昨日とは全く違う感じだったた」と話した。

アイドルの握手会をめぐっては、2014年5月、岩手県で行われたAKB48の握手会でもメンバーが男に刃物で切りつけられ、負傷する事件が起きている。度重なるトラブルに、握手会の存在そのものの意義を問う声も上がっている。

 


はぁ・・・これ2回目だからね・・・。


握手会そのものが無くなる可能性あるよね・・・。


「大写真会」とか、また行きたかったのになぁ~~


こういうキチガイ、1人の為に、握手会が無くなるって・・・ふぅ…だね…。


もうね、こういう奴は死刑にしてほしい。


握手会が無くなったら、…マジでショックだよ・・・。


とりあえず、欅坂46のメンバーに負傷者、重症者が出なくてよかった・・・。


前回の、このような事件では、AKBの、りっちゃん、あんにん、警備員が15センチもある刃物で斬りつけられた。


りっちゃんは、そのトラウマで、AKBを卒業した。


今回は、運営側の責任が大きい。


カバンを預けたなら、そのカバンの中も調べるべきだった。


はぁ・・・握手会なくなるのかなぁ・・・。


なんか大ショックで、もうこれ以上、記せない・・・。