都議選。

まだ10議席が残っていますが、…僕が注目したのは「維新」がゼロ議席です。


なので、次の都議選で「都民ファースト」が、かなり支持を落とす可能性があります。


小池都知事は今年、65歳になります。


その両面からみて、「小池新党」として国政に進出すると思われます。


なので、まず、国政は与党も野党も政界再編した方がいい。


なぜなら、自民党民進党から「小池新党」に流れる議員も多いでしょうから。


そうなると、2大政党制が出来る。


「小池新党」と「自民党」です。


ただ、衆院選では、自民党は大敗するでしょう。


そうなると、2大政党制にならない。


という事は、「小池新党」の、ひとり勝ちになる。


それは以前、「自民党」の、ひとり勝ちになっていた状況と、さして変わらないという事です。


ただ、…これね、…ここまで都議選で、ひとり勝ちしてしまうと、…これから「都民ファースト」は大変ですよぉ~~


自民党内閣改造を今、したがってる。


内閣改造なんぞで、自民党支持者が増える訳がない。


潔く、安倍首相が退けばいいんです。


そうすれば2大政党制になる。


それは国民にとっても良い事。


ひとつ問題があります。


それは、自民党公明党の連立です。


両党の間に亀裂が生じる可能性もあります。


しかし、公明党は美味しいところに乗ったねぇ~~(都議選)。


うん。 学会が求めたのかもしれませんね。


都議選をTVで見てて、「国政選挙」に見えました。


これから、小池チルドレンは、真価が問われる事になる。


政治は「過程」ではなく「結果」です。


都議員の給与ですが、…減給しましたが、…こんなに貰ってるの!!って驚きました。


ちょっとね、…市民感覚からズレています。


小池都知事は自身の給与を、50%減らしました。


国会議員はもっと給与が高いわけで、…納得できませんねぇ~~


ヤジしか飛ばさない野党も、高給与なんですよね。


あのさ、…ヤジを飛ばす前に、自民党の対案を出さなければ野党の役割を担っているとはいえません。


「都議選」については、あまり大騒ぎしない方が良いです。


馬鹿騒ぎは、マスメディアだけがすればよい。


都民は、マスメディアに流される事なく、しっかりと冷静に、「都民ファースト」の当選議員の、これからを見てほしいです。


しかし、僕は神奈川県・在住です。


神奈川県議会が、どんな議論をしているのか、さっぱり分かりませんし、興味もありません。


なので、一夜かぎりのお祭りになると思います。


僕は国政での2大政党制を望んでいます。


理想としては、「小池新党」 vs 「自民党」、「公明党」、「民進党」グループです。


自民側はネーミングを「自公党」、もしくは「自進党」にすればよい。


今回の都議選、…なぜ自民党が大敗したかは、皆、知っている事なので記しません。


国政に影響を及ぼすのも、皆、知っています。


僕のブログを読んで下さっている都民の方々には冷静に状況を把握し、…大事なのは、これからという事を再度、確認して頂きたいです。


お祭りは終わりましたが、…大事なのは、当選した「都民ファースト」の議員のこれからの職務態度(職務遂行)です。


ただ、それは、大変に見にくい。


都議会議論をTVが放送してくれる訳ではないですからね。


Twitter小池都知事をフォローする事を推奨します。


が、…大事なことは、”つぶやく”事はないでしょう。


なので、東京都のHPの方が、よりベターです。 ↓


http://www.metro.tokyo.jp/tosei/governor/governor/