シンガポール、国立大教授を国外追放 外国政府利する「工作員」

シンガポール内務省は4日、シンガポール国立大リー・クアンユー公共政策大学院に在籍する米国籍の教授がスパイである事を指摘。


米国籍の教授とその妻の入国許可を取り消し、今後の再入国も禁止した。

 

 

国際政治学者の三浦瑠麗さんが、「しかし彼はどの国のスパイとみなされたのだろう。気になるな。」とTwitterでつぶやいています。


三浦瑠麗さんによると、この米国籍の教授は「ホアン・ジン」だとも、つぶやいています。