赤テープ&衆院選・予測・情勢調査(日経新聞)

中1、中2の時、僕は超ワルだった事は今まで書いてきた。


横浜のNo.3だった事も。


書き忘れていた事があった。


僕は中1、中2の時、ショルダーバッグではなく、チョンバンを持っていた。


その、手すりの部分に「赤テープ」を巻いていた。


「赤テープ」=「喧嘩、売ります」。


「白テープ」=「喧嘩、買います」。


「黒テープ」=「スタンダード」。


「黒テープ+鞄側にオレンジ色をひと巻き」=「僕は、軟派です」等々だった。

 

 

聞いた事があるのは、…関西では「黒テープ」=「喧嘩、買います」らしい。


喧嘩ばかりしていた、あの日々・・・懐かしいです・・・。


中2の3月にワルから足を洗った。


目標が出来たからだ。


その目標とは「東大・法学部」に入る事。


喧嘩であれ、スポーツであれ、勉学であれ、1番を目指す。


でも、横浜のNo.2、No.1にはタイマンで負けた。


1番になれなかった教訓。


「上には上がいる」。


猛勉強し、開成高校に入学。


そして、東大・理一に入学。


その後、交換留学生でボストン大学に行った(1年間)。


そして、東大時代に、ヨーロッパ諸国、北米諸国、アジア諸国オセアニアの、ひとり旅を敢行!


良い経験になった。

 

 

今年の冬休みはボーナスを全て注ぎ込み、婚約者とバリ島へ行く予定。


バリ島へ行くのは3度目。


冬は、気候が暖かい所がイイ。


バリ島は、世界中から観光客が来る。


1番多いのは近場のオーストラリアの人。


でも、ヨーロッパから来る人も多い。


スウェーデン人や、イタリア人など。


長期滞在だと、同じ所に泊っている観光客と知り合いになれる。


もちろん、…日本から来る人も多い。


最近は、中国人観光客も増えている。


バリ島は楽しい!


毎晩、クラブに通って踊りまくるだろう。


地元の人間もいて、ヨーロッパ人もいて、イイ感じだ★


つまらなかったのは、ソウルのクラブ!


誰も踊っていなかった・・・汗


しゃーないから、1人で踊ってた笑


出会いも沢山あった。


タイのバンコクに行った時、現地のガイドが友人の大学生を連れて来てくれて、クラブで踊った。


タイだから大半の人は色黒なのに、色白の目がパッチリした、めちゃ可愛い大学生を連れて来てくれた。


クラブは生バンドで沢山の人が踊っていた。


チークでは、その可愛い大学生を抱きしめて踊った。


帰国してから、何回かエアメールしてたが、付き合いは、すぐに終わった。


あと1日、あったら、その子を抱けたと思う。


1人で海外に行くと、女性から警戒されない(2人だと警戒される)。


ヨーロッパは、…時間がゆっくり動いていた。


石畳の狭い坂道が印象的。 あと古城ね。


でも、世界で1番、人懐こいのはアメリカ人。


NYは東京と同じで、皆、多忙。


だけれども、ニュージャージー州とか行くと、結構、話しかけてくる。


「横浜」を知ってくれているアメリカ人は多かった。


単純に嬉しかった!


横浜には米軍キャンプがあるから、元軍人とかは「横浜」を知っているんだよね!


そうそう! バリ島でさ、…最初、英語で「マジックマッシュルームどう?」と聞かれ、断ったら日本語で「日本人、オカマねぇ~~」と言われた。


だから飛び蹴りして、そいつの髪を引っ張り、立たせ、アッパーを打ち込んだ。


近くに警察官がいたが、止めなかった。


”オカマねぇ~~”と言われて、それを笑い過ごす僕ではない。


アメリカが1番、怖かったね。


NYも3回、行ってるんだけど。


夜中に空港に着いて、腹減って、スーパーマーケットを探してて、ふと、白く光るものがあった。


戻って見てみると、ビルとビルの間に50人ぐらいの黒人のストリート・ギャングが座ってた。


白く光って見えたのは黒人の目と歯だった。


Bラインに乗れば、中学生くらいのストリート・ギャングが上半身、裸でチェーンやバッドを持っていた。


どこかのチームに勝ち込みに行くところだったのだろう。


1駅で降りて行った。

 

 

怖いもの見たさで、「125 Street駅」(ハーレム地区)で地下鉄を降りたら、改札を飛び越えているストリート・ギャングに警察官が威嚇射撃をしてた!


驚いたねぇ~~ 


こんなんで威嚇射撃するんだぁ~~?と(何か悪い事をして逃げていたのかもしれない)。

 


また、Aラインの「Jacson Av駅」(サウス・ブロンクス地区)で地上に出たら、黒人のストリート・ギャングが、4、5人、20グループぐらい座っていて、命の危険を感じたので、急いで地下鉄の駅へ戻った。


ハーレムとサウス・ブロンクスはヤバいよ。

 

 

バック・ストリートが好きな僕は、つい入ってしまう。


バンコクでは、カフェに入ったら、キャバ嬢みたいのが突然、隣に座り、店のドアの鍵を閉められた。


ようは監禁された。


「パスポートよこせ」と言われたが、パスポートはホテルのカウンター・ボックスの中。


金も、そんなに持っていなかったので、監禁を解かれた。


(僕は海外に行ったら、出掛ける時、ドルで$100ぐらいしか財布に入れません。)

 

 

それでも、僕は1人旅が好きだ。


なぜかというと、…例えば、友人と2人で行った場合、…行きたい所が違う。


だから1人がイイ。


もちろん、喧嘩に自信があるので1人で行けるという理由もある。


ただ、外国は危険なので、自分しか守れない。


だから、婚約者とはバリ島にした。


ハワイよりバリ島が好きだ。


どちらも治安が良い。


家族で行くならハワイを選ぶだろう・・・。


また、バイクをレンタルして、バリ島を何周もしたい。


僕は海外に行った時は、たいてい大型バイクをレンタルする。


ヨーロッパでは借りないけれど。


北米、オーストラリアなどでは確実にバイクをレンタルする。


気持ちイイほど、飛ばせる!!


どこまでも一直線のハイウェイ。


サイコーだぜ。

 

 

サイパンバンコクでは射撃場で本物の拳銃を撃った。


拳銃は思っていたより重かった。


「コレ当たったら、確実に人は死ぬな」ってのが分かって、膝が一瞬、震えた。

**********************************************************************

日経新聞衆院選の予測・情勢調査を発表。


僕は、日経新聞Twitterでフォローしています。


自民党→260議席→可能性→308議席


希望の党→69議席→可能性→110議席


立憲民主党→45議席→可能性→60議席

 

 

かぁ~~~~・・・。


言葉を失う・・・。 色んな意味で。

 


今回の衆院選の争点は「アベノミクスの真価を問う」はずだったが、希望の党が出てきたので、争点が変わってしまった。


僕は自民党支持者だが、…アベノミクスは成功したとは言えない。


特に、経済が全く上昇傾向に無い。


アベノミクスは失敗だったと僕は思う。


だが、…アベノミクスより、ユリノミクスが上の政策とは到底思えない。


立憲民主党の経済政策が1番まともかもしれない。


だが、僕は保守派だ。


リベラル派に投票する訳にはいかない。


リベラルとは、簡単に言って「自由と進歩を大切にする姿勢」。


保守は「日本の伝統・歴史・文化を大切にし進歩を大切にする姿勢」。

 

 

僕は、2大政党制論者だが、…日本がそうなる気配は無い。


安倍総理財政再建の為、増税する。


ということは、…自民党に投票する人は増税がOKなのね。


共謀罪にも賛成という事だよね。

 

 

もう、自民党が圧勝する事が分かったので、…是非「憲法改正」をしてほしい。


9条第3項を設け、そこに「自衛隊」を明記する。


最初はコレでOKだ。


だが、…自民党には、もっと「憲法論議」をしてほしい。


僕は、何回も書いているが、…9条の第2項は削るべきだと思っている。


そして、憲法前文も変えてほしい。


9条の第2項を削るコンセンサスが国民には無いので、これは時間がかかると思う。


しかし、憲法前文は、すぐにでも変えられるはず。


また、<首相官邸・意見>に投稿するか。 ふぅ…。

 

 

首相官邸・意見に投稿しました ↓>


憲法前文も変えてほしい。


安倍総理は9条第3項を設け、そこに「自衛隊」を明記すると言っていた。

僕は9条第2項も削ってほしいが、それは国民のコンセンサスが無い。

自民党には「憲法論議」を活発に行ってほしい。

僕は、「憲法前文」も変えてほしい。

変えてほしい箇所は言わなくても分かりますよね。

屈辱的な「憲法前文」は変えるか、もしくは、カットしてほしいです。」

 

 

僕は、何度も書いているが、今回だけは「希望の党」に投票する。


その理由も前に記したが、再度記します。


まず、「森友・加計問題」の説明責任を、安倍首相は果たしていない。


もうひとつは、まだ任期が残っているのに、衆議院を解散した事です。

 

 

以上。

f:id:AKIchang:20171016163332j:plain

ヤンチャの顔してるでしょ 笑  飼い主に似るんだなぁ~~汗