選挙結果

投票日は大雨でしたね。

僕が住んでる横浜市は「避難準備」が出ました。

区によっては「避難勧告」でしたね。


投票時間は朝の7時からなので、その時間に行きました。

投票所、満員だったよ!

 

 

あのねぇ、最後の最後まで迷いました。


国の防衛(北朝鮮問題)を考えた場合、「希望の党」では、心許ない。


だが「自民党」だと増税になる。


悩みましたねぇ~~


まぁ、投票前から、自民の圧勝はみえていたのですが・・・。


最終的には「希望の党」に決めました。

*************************************************************

自民・単独過半数、自公で3分の2確保。


今回の選挙は「自民」、「立憲」の大勝利。


「希望」の大敗でした。


僕は、…自民党支持者ですが、安倍総理・不支持なんです。


なので、来年の自民党の総裁選挙には安倍さんに出馬してほしくない。


自公で3分の2確保したのだから、2020年なんて言っていないで、憲法改正を、さっさと進めてほしい。


9条第3項を設ける。


戦後72年経っていて、初めての憲法改正になる。


ただし、国民投票過半数を超えなければ、憲法は変えられない。


GHQが作った憲法を、まず変えてほしい。


それがファースト・ステップなんです。


僕は自民党の石破さんの意見と同じで、…9条第2項を削り、そこに”自衛隊”を明記すればよい。


ジャーナリストの田原総一朗さんが言っているように、自民党、勝ち過ぎですよ。


元々の争点は「アベノミクスの真価を問う」はずだったはず。


アベノミクスで、確かに若者が就職できるようになった。


給料も上がった。


だが、デフレ脱却は出来ていない。


そこにもってきて消費税の増税


益々、経済は悪化する。


だが、今回の選挙で、日本国民は「安倍総理を信任した」。


それはイコール、アベノミクスを信任した事にもなる。


僕は、安倍総理の外交は評価する。


しかし、アベノミクスには不支持だ。


しかし、この台風の中、前回の衆院選より投票率が上がったのは、それだけ、多くの国民が政治に対して関心はもっている事が証明された。


「希望」は今後、以前にも記したとおり、いずれ離散するだろう。


「立憲」に対しては、…日本にもリベラル政党があっても良い。


準備期間がもっとあれば、「立憲」は100議席以上獲得していたと思う。


そうすれば、2大政党制になっていた。


自民が圧勝したのは、野党が分裂したから。


受け皿が無かったという事。


自民党議員に、これで、”おごり”の気持ちを持ってほしくない。


小泉進次郎議員の言う通りだと思う。


僕は、KYだ。


空気を読めてなかった。


ここまで自民党が圧勝するとは思っていなかった。


だから偉そうな事を、これ以上言うつもりは無い。 その資格が無い。


ただ、僕が本気で、この国が心配なのは、「少子高齢化社会」だ。


この問題を、自民も立憲も希望も無視している。


言葉を変えれば、そこから逃げている。


そこだけは強調しておきたい。


立憲は、これからが大変だよ。


経済政策、金融政策の代替案を出さないといけないから。


僕が怖いなぁ~~と思ったのは、やはり小選挙区制度ですね。


これ以上は、もう言いません。


日本国民が決めた事なので。