サッカーFIFAクラブワールドカップ 準々決勝「アルジャジーラ×浦和レッズ」

【土日は普段、ブログをアップしませんが、今回は例外でアップします】


<サッカー世界30万1,000クラブの頂点を決める戦いの舞台に浦和レッズが10年ぶりに登場!この試合に勝てば準決勝でレアル・マドリードと対戦!>

 


これが日本での試合だったら、観客席は真っ赤に染まり、レッズ・サポーターの「We Are REDS! We Are REDS!」の声援が凄いんだけどねぇ~~


だけど相手は、開催国王者だから、アジア王者のレッズは敗ける訳にはいかないよね。


後半7分、アルジャジーラに先制点を取られる。


そのままゲーム・セット。


なんとも不甲斐ないゲームだったね・・・。

 


本田が所属する北中米カリブ王者のパチューカは勝ったので、準決勝進出。


本田は長い間、名門クラブ・ACミランに所属し、…やはりね…このぐらいの名門・強豪クラブだと、試合に出してもらえません。


出してもらっても、後半35分から。


だが、メキシコのパチューカに行ってからは、活躍してます。


このぐらい活躍していると、もしかしたら日本代表に復帰できるかもしれません。


しかし、パチューカの次の相手は南米王者のブラジルのグレミオです。


ここは厳しいと思う。


決勝は、やはり順当にいけば、ヨーロッパ王者のレアル・マドリードグレミオでしょうね。


レアル・マドリード3連覇の可能性が高いです。