映画 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

監督:瀬々敬久

脚本:岡田惠和

YouTube動画をきっかけに話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化。

結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。

しかし結婚式の3カ月前、麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態に陥ってしまう。

尚志はそれから毎朝、出勤前に病院に通って麻衣の回復を祈り続ける。

数年後、麻衣は少しずつ意識を取り戻すが、記憶障害により尚志に関する記憶を失っていた。

2人の思い出の場所に連れて行っても麻衣は尚志を思い出せず、尚志は自分の存在が麻衣の負担になっているのではと考え別れを決意するが……。

「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、「いま、会いにゆきます」の岡田惠和が脚本を担当。>

 


これ、「恋空」と同じく実話なんだよねぇ~~


日曜日に観てきました。


満席に近かったです。


う~~~ん・・・なんか出来過ぎた物語だなぁ~~って思った。


でも、実話なんだもんね。


ただ実話でも脚本家はいるわけで、かの有名な岡田惠和さんでしょ。


岡田惠和さんらしくないな、って感じた。

 


僕は、映画の中の主演男性のように、あそこまで優しくなれるだろうか?と考えた。


これまで付き合った女性の中で3人を想い描いてみた。


僕はあそこまで強くなる自信は無い。


映画が終わって泣いてる女性がいた。


僕も多分泣くだろうと思って観た。


でも涙は出なかった。


「恋空」は実に哀しく切ない実話だけど、共感できたし、…ある種の感動も覚えた。


それは”愛の強さ”だ。


同じテーマの映画なのに『8年越しの花嫁 奇跡の実話』では正直、感動できなかった。


それがなぜなのかは自分でも解らない・・・。

f:id:AKIchang:20180115173359j:plain

大好物の二品

 

大好物の二品です。

甘い物を食べた後は、すぐに歯磨きをします。

今のところ、虫歯は1本も無いので、それを維持したいから。

職場でもランチ後はマウス・ウォッシュではなく歯磨きします。

僕が使っている歯磨き粉は歯医者さんに勧められた「ライオン チェックアップ スタンダード 1450F 135g【医薬部外品】」¥ 1,469 です。

ホワイトニングの歯磨き粉は使っていません。

ほとんどのホワイトニングの歯磨き粉は、虫歯予防はしてくれないのと、僕の歯の表面は真っ白だからです。

煙草のヤニが前歯下の裏側に付くので、半年に1回は歯医者さんでクリーニングしてもらっています(ハガキの通知が届く)。

f:id:AKIchang:20180115173557j:plain