なぜ日本選手は金メダルを取れないか?

<今日、2度目のブログです>


そもそも冬季五輪の種目別の競技人口って、驚くほど少ないですよね。

スケボーやモーグルフィギュアスケートは凄いと思うんだけど、なんかこうねぇ、普通のオリンピックと比べると面白くない。

やはり競技人口の違いでしょうね。


そして金メダルを取れる能力があるのにもかかわらず、金メダルを取れない日本選手。

何が欠けているのだろうか?

プレッシャーに弱い。

本番に弱い。

4年間、積み上げてきた練習の成果は、どこへ行ってしまったのだろうか???

まぁね、…選手が1番悔しいだろうから、こういう事をあまり言ってはいけないとは思うんだけどね…。

やっぱさぁ~ 見ててガックリくる。

頑張ってる姿には共感はするが感動はしない(ややこしい言い方ですが)。


これさ、羽生結弦選手がもし金メダルを取れなかったら、日本は金メダル、ゼロになるよ。


陸上のね、800m、1500m、3000m ってホント、キツイんですよ。

僕、陸上部だったからね。

だからスピード・スケートもキツイのは解るんだけど…陸上の場合、ゴールでもう倒れ転んでしまう選手がいるでしょ。

それがスピード・スケートにおいて見られない。

倒れるまで(限界)やってほしいわけよ。

ラストの周回で口を開けて苦しいのは理解できる。

でも、その一生懸命さに感動はしないんだよね。

だって金メダルじゃないんだから…。


通常のオリンピックだったら、国の代表になるには、物凄い競争率でしょ。

それはどこの国も同じ。

でも、冬季五輪は違う。

前述したように、競技人口そのものが圧倒的に少ないんだから、銀メダル、銅メダルじゃ感動しない、僕はね。

一生懸命さに共感はするんだよ。

だけど何度も言うけど感動はしない。

僕は23時からのNHKの「今日の平昌五輪」を見てるんだけど、ニュース番組とか見ると、銅メダル、銀メダルで大騒ぎしてるでしょ。

とても違和感がある。

僕としては、やっぱテッペンを取ってほしいのよ。

銀メダルを10個、取っても嬉しくないわけ。

選手の地元応援団が喜ぶのは理解できるけどね。

特に高齢の方とかね。

僕は銅メダル、銀メダルでは喜びがありません。

やっぱさぁ~ 1発勝負みたいなとこがあるじゃん(正式には1発勝負ではないんだけど)。

そこで力を発揮できない弱さが日本人選手に見られる傾向。

もちろん、金メダル候補の選手の事だよ。

ただのメダル候補の選手の事を言っているわけではない。

本番で力を発揮できないメンタリティーとインテンシティーが欠けていると言わざるを得ないです。

 

 

 

米、空の優位揺らぐ 中露空軍力「対等レベル」 英報告書
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000045-san-n_ame

 


韓国党、安倍批判を浴びせた与党要人の発言に「国の恥さらし」
http://japanese.joins.com/article/381/238381.html?servcode=200§code=200

うん。これはね、韓国が政権交代しない限り、

日本と衝突しますね。

文在寅大統領は「従北」です。

確実に「反日」なんです。

だが、米国と衝突するほどの覚悟は持っていない。

韓国政治は、与党が過半数を占めていないので、次の大統領選で、野党(連合)が第1党になる可能性もあります。