『もっともあぶない刑事 [DVD]』

1989年4月22日に東映洋画系で公開された日本映画である。

<深夜、鷹山(舘ひろし)と大下(柴田恭兵)は銃器密造工場に踏み込んだ。

元締めの宮坂は銀星会の下請け業者であり、同時に銀星会壊滅に繋がる切り札でもあったが、急襲、追撃も空しく町田の不注意で取り逃がしてしまう。

鷹山と大下が銀星会会長・前尾に揺さぶりをかけている中、宮坂の拳銃が15年前の暴力団員二人組による貿易商殺人事件に使用されたそれと同一のものであることが判明。

事件の時効はすでに4日後に迫っていた。

鷹山と大下は15年前の事件の捜査主任であった本多政義を訪問し、当時の事情を聞いた。

本多は一線の刑事から県警本部の幹部にまで上り詰めた立志伝中の人物で、次期本部長の呼び声も高い。

一方で現役捜査員時代は型破りなタイプだったらしく、15年前の事件でも単身で被疑者の潜伏先に踏み込み、銃撃戦の末に被疑者の一人を射殺した過去もあった。

本多から直々の激励を受けてすっかり有頂天の二人は、宮坂と何らかの繋がりがあると思われるセレクトショップ経営者・榊真由美を監視。

その最中、彼女の前に現れた宮坂を追走の末に再び追いつめたが、直後、宮坂は銀星会のヒットマン・結城によって口を封じられてしまう。

真由美は事情聴取で、宮坂からストーカー行為を受けていたと供述したが、何かを隠している様子であった。

鷹山と大下は真由美が15年前の事件と銀星会の真相を知っているとにらみ、真由美の監視を続ける中、15年前の事件の被疑者の一人・北野和夫と、北野暗殺の命を受けた結城率いるヒットマン集団が出現。

壮絶な銃撃戦と格闘の末、真由美は重傷を負ってしまう。

北野と真由美の口から語られた真実は驚くべきものだったが、県警は港署に対して事件の捜査主体を本部に移すよう迫り、北野の身柄も県警本部への移送が決定。

鷹山と大下は近藤課長から謹慎命令を受けてしまう。

窮地に立たされる中、鷹山と大下はひとつの決意を交わす。

銀星会、そして警察をも敵に回した孤立無援の死闘が始まった。>

 

「あぶない刑事」って、撮影現場が横浜なんです。

鷹山と大下は神奈川県警横浜港署、勤務ですから。


あぁ~~ この時代、横浜ってこんな感じだったのかぁ~~と思いますね。

昔の大桟橋ふ頭が見れます。


また、若い女性も画一的で、現代の女性と比べると、ブーですね。

現代のように、進化したファンデーションとかも無いし、きっとどこの美容院に行っても同じような髪形にされちゃっていたんでしょうね。

 

この映画は、ユーモアが多過ぎます。


でも、…多分、…こういう路線だったんでしょうね。


まだまだあぶない刑事」はシヴィアで面白かった!!


監督が代わっていますね。


まだまだあぶない刑事」では、ランドマークタワーや、クゥイーンズ・スクエアなども見れます。


舘ひろしさんと柴田恭兵さんは、煙草の吸い方がカッコイイんですよね!

くわえ煙草も。

 

 

在日米軍司令部(USFJ)

皆様、おはようございます。今日はあいにくの空模様ですね。

写真は、音速の壁を突き破る米海軍のF/A-18Fスーパーホーネットです。

 

 

朝日新聞、発行部数が5年で半減 新潮社「400万部を切ったとの噂」
https://dialog-news.com/2018/05/06/asahi0506/

あのね、…そもそも日本が異常なんです!

あのニューヨークタイムズワシントンポストでさえ日々の売り上げは10万部に届きません。

もうひとつ危惧があります。


もちろん「朝日」は”左”の新聞なので、政府批判ばかりしています。

”右”の「読売」はそこまで政府批判はしない。

読む新聞によって、読者が感じる事に大きな差異が生まれる。

僕は新聞をとっていません。

情報はここでも書かれているように、ネットから得てます。


もう、新聞の時代は終わっているという事です。

 


スペイン代表MF、イニエスタがJ1神戸入りか 3年契約32億円と現地報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000553-san-socc

ま…マジか!?

イニエスタが・・・。

Jリーグで見れるのか!?

実現したら凄い事だよ・・・。

 

 

沖縄離島リゾート旅行へ 石原さとみの新恋人は1歳下のカリスマIT社長
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180508-00007303-bunshun-ent

また「週刊文春」か。

すげーなー、「週刊文春」って!!

週刊文春」に異性問題を暴露(証拠写真付き)され、即日解雇もしくは即日卒業発表した48Gのメンバーは30人を超します!

週刊文春」って”内調”より諜報活動が上なんじゃない!?


石原さとみさんには、幸せになってもらいたいので、このまま上手くいくとイイですね★

f:id:AKIchang:20180509174142p:plain

f:id:AKIchang:20180509174208j:plain

米海軍のF/A-18Fスーパーホーネット