『さらば あぶない刑事 [DVD]』

2016年1月30日公開の日本映画。


<警察官の定年退職が5日後に迫っていた鷹山(舘ひろし)と大下(柴田恭兵)。

無事に定年を迎えさせたいという町田捜査課長や深町県警本部長らの気遣いをよそに、最後の最後まで悪党退治を楽しんでいた二人だが、一方で定年後の密かな夢も持っていた。

特に鷹山は、最愛の恋人である夏海と共に新たな人生へ踏み出そうとしていた。

そんな二人の刑事人生最後のターゲットは、かつて壊滅させた銀星会の残党で現在は新興組織「闘竜会」の幹部として非合法のブラックマーケットを仕切っていた伊能。

現場を急襲し伊能を追うも、謎のライダーの妨害によって逃げられてしまう。

その翌日、伊能が惨殺死体となって発見される。

闘竜会・ロシア・中国・各国マフィアたちのパワーバランスが崩れ始める最中、謎の日系人キョウイチ・ガルシア(吉川晃司)が現れた。

「ビジネスマン」と名乗るその正体は、中南米系犯罪組織「BOB」の幹部。

目的はズバリ日本進出。

中国マフィアや闘竜会の主だった幹部を殺害し、闘竜会の傀儡化を図る。

BOBに呑み込まれていく横浜を守るべく、鷹山と大下は最後の捜査に挑む。>

 

「あぶない刑事」最後の最終作。


なんと!主役級で吉川晃司が登場!!


イイ男が3人揃った。

 

舘ひろし(68歳)。

柴田恭兵(66歳)。

吉川晃司(52歳)。


吉川晃司は歳をとる度、渋くなっている。


60歳を超しても、柴田恭兵の足の速さが凄い!


舘ひろしは相変わらずハーレーに乗りながらの銃撃。


吉川晃司も大型バイクを操る。

 

舘ひろしさん、柴田恭兵さんの若さの秘訣はなんなのだろう???


おそらく、毎日トレーニングをしてる。


それだけじゃないはず。


きっと、思いのまま生きてるはず。

 

こんなカッコイイ大人になりたいですね…。


吉川晃司のコンサートに行きたくなった!

 

だが、これが最終作という事で、やっぱ寂しいです…。

 


アジア太平洋諸国の国力ランキング、米国首位も中国猛追の予想
https://www.cnn.co.jp/world/35118937.html?ref=rss

なるほどね…。

アメリカ軍はいずれアジアから撤退すると…。

そうなるといかんなく日本は「自立」せざるを得ない。

アメリカに甘え過ぎていましたからね、我が国は。

その問題は散々ブログに書いてきたので省きます。

 

 

在日米軍司令部(USFJ)

在日米軍司令部(USFJ)さんがU.S. Pacific Commandをリツイートしました。

米空軍のブルース・ハリウッド大佐は死を覚悟した心臓発作を経験した後、産みの母である日本人女性を探そうと決意しました。

そしてようやく見つけた母親は、静岡県で彼の名前を付けたレストランを経営していました。

The Washington Post記事参考意訳はコチラ→https://www.facebook.com/USForcesJapan.J/posts/1664051863643870

 

いい話ですねぇ~~

 

 

IBMとレッドハット、ハイブリッドクラウドやコンテナで連携強化
https://japan.zdnet.com/article/35118972/

自社のニュースです。

 

 

スルガ銀「書類改ざん知りながら融資」 不正巡り調査
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3035512011052018MM0000/?n_cid=SNSTW001

改ざん・・・またか、って感じですね…。

 


Donald J. Trump のツイート ↓

The highly anticipated meeting between Kim Jong Un and myself will take place in Singapore on June 12th.

We will both try to make it a very special moment for World Peace!

 

 

104歳科学者、安楽死の願いかなえる 「喜びの歌」聴きながら
https://www.cnn.co.jp/world/35118989.html?ref=rss

僕は「安楽死」に賛成の立場です。

日本では議論すら無い。

 


三菱UFJ・三井住友銀、ATM共通化へ実験
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3035392011052018EAF000/?n_cid=SNSTW001

これは画期的ですね!

 

 


新潟の女児殺害遺棄の事件。

すでに6日目です。

刑務所を脱走した犯人が捕まるまで約3週間かかりました。

”刑事”の質の総体力が落ちてる気がする。

新潟県警だけでは無理なのでは?


警察官による痴漢なども全く減っていません。

「警察学校」を一から再構築するしかないのでは?

大事なのは、人間性です。

2018/05/11

事件から1週間を過ぎました、…まだ犯人は捕まっていません。

あまりに遅過ぎますよね。

近隣住民の緊張も解けない。

被害者も浮かばれない…。

2018/05/14

*************************************************

昨日は「母の日」でした。

この日が僕にとって命日と共に、とても辛い日です・・・。

僕が9歳の時、母親は強盗に殺害されました。

僕は、何の親孝行もしていない・・・。


犯人に言いたい。

「母を返してくれ」と・・・。

f:id:AKIchang:20180514153549j:plain

f:id:AKIchang:20180514155256j:plain

吉川晃司