『2018世界バレー女子 3次ラウンド「日本×イタリア」』&『ドラマ SUITS/スーツ #02』ドラマは見れず。

イタリア戦の前に。


なんと!大会2連覇を狙うアメリカが、オランダにも敗れました。


なので、アメリカは「5-6位決定戦」に回る事になりました。

 


さて、イタリア戦。


イタリアは1次ラウンド、2次ラウンドを全勝して3次ラウンドに進出してきました。


イタリアの世界ランキングは7位。


日本は6位。

 

日本、 2 - 3 のフルセットでイタリアに敗れました。


なので、19日にアメリカと「5-6位決定戦」を戦う事になりました(放送があるか分かりませんが…)。

 


いやぁ~~~~惜しかったですねぇ~~~


しかし、イタリアから2セットを取ったのは、日本だけです。


なんとか、「5-6位決定戦」で勝って、5位になりたいですね!

 

敗れましたが、新鍋、荒木、古賀、セッターの田代、リベロの井上、小幡、石井、奥村は本当に頑張りましたよ!

 

世界バレー」が終わると、…次のバレーの大会は「東京オリンピック」ですね!


************************************************************************************************

 

『ドラマ SUITS/スーツ #02』は見れず。

 


<甲斐正午(織田裕二)は、クライアントである『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。

部長の谷川好昭(長谷川公彦)が預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるというのだ。

同じ頃、鈴木大輔(中島裕翔)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。

そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。

今日子に同情した大輔は、法廷で闘うべきだと彼女に告げると、甲斐にもその旨を伝えた。

甲斐は、クライアントに同情するなと言って一度は反対した。

だが、相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう命じる。

海部は日本医師協会の次期会長候補。

スキャンダルを嫌って示談に応じるはず、という甲斐の読みだった。

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)は甲斐の予想通り、大輔が提示した金額での示談に応じる。

交渉成功を喜ぶ大輔。

だが、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、物事が上手くいきすぎているときは必ず不吉なことが起こる、と大輔に告げる。

その予言通り、大輔は、アソシエイトを監督する立場でもある蟹江貢(小手伸也)から、仕事に関しては逐一報告書を提出するよう命じられる。

さらに、海部のセクハラ疑惑を報じるネットニュースが流れてしまい…>

 

 

バレー放送が延長した為、見れませんでした。


3話は見れると思います。

 

 

 

 

 

 

■ 石平太郎・「中国を“地獄”へ導く習近平の狂気」増刷御礼


『石破さんは「『反日』と『反中』は利益にならず」と言う。

しかし中国の「反日」は政権による洗脳教育の結果であるのに、日本人の「反中」は中国の脅威と横暴に対する正当なる反応である。

両者を混同した上で第三者となったかのような口調で語る石破さんは、政治家としてのスタンスは一体どこにあろう』

 

 


その通りですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


田原総一朗

 

安倍内閣が消費税増税を決めた。

となると、国民が納得出来る経済政策を打ち出さないと来年の参議院選挙で自民党が敗れる可能性がある。

安倍内閣はこうした経済政策を打ち出せるかどうか」

 

 

 


僕も以前、記したとおり、自民党参院選で敗ける可能性がありますよね。

 

 

 

 

 

 

 


防衛省統合幕僚監部

 

「日本から派遣されたインドネシア国際緊急援助隊は、カリマンタン島バリクパパンから水、食料といった救援物資等を空輸し、インドネシアにおける被災者のために活動しています」

 

 

 

僕は先日ブログにて、「大災害が他国で起きた場合、親日国、反日国、関係なしに自衛隊を派遣すべき」と記しました。


インドネシアに派遣された自衛隊員、本当に頭が下がる思いです。


頑張っていますねぇ~~

 

 

 

 

 

 

 

マティス米国防長官、辞任を計画か-トランプ大統領が示唆
https://newspicks.com/news/3383540/body/?ref=user_1392157

この報道について、ジャーナリストの田原総一郎さんがツイートしています。↓

 

マティス長官が辞任する可能性があると報じられている。

僕はマティスを非常に信頼している。

戦争は勝っても負けてもダメだ、というのが彼の持論である」。

 

 

 

 

 

 

 

■ 有働「zero」2週間で視聴率“半分”に 5%割れの日も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000114-dal-ent

でしょうね。…

前から言っているようにニュース番組の質としては

報道ステーション」の方が上。

では、その「報道ステーション」の視聴率はどのくらいなのだろう?


「ZERO」はねぇ~、村尾メインキャスターの人柄が好きでした。

牧歌的なニュース番組だった…。

 

 

 

 

 

 

 


■ 消費税増税について

 

増税の使い道。

50%が借金の返済。

残り50%が、教育無償化、介護、年金に充てられる。


確かに膨大な借金を早めに返済していかねば、今の子供達の負担は増えるばかりになる。

それを考えると、増税も仕方ないなぁ~って思う。


しかし、どんどん少子化になってゆくので、

今の子供達の負担は増すばかり。ここが矛盾点。


そして、大事なのは、まず、増税と同時に国会議員の給与を減らす事。

これがなければ納得できない。


同時にキャリア官僚の給料も引き下げてほしいです。


そして、なんといっても、国会議員の総数が多過ぎます。

あんなに要らないんですよ…。

 

でね、…日本は国連の常任理事国でもないのに、国連運営の負担金をアメリカに次いで支払っている。

そのアメリカは国連負担金を滞納する事がある。

しかし、日本は世界第3位の経済大国ですから、やもえないでしょう・・・。

 

先進国の中で消費税が10%というのは実は低い方なんですよね。

大体25%ぐらいですね、他の先進国は。

北欧などは45%ぐらいです。

その代わり、年金も高い訳です。


消費税を増税して、年金にも充てると言っていますが

僕は26歳ですが、…よく親友達との飲み会で話題になるんだけど、

月10万円を切るのでは?という話になる。


団塊世代はそれに比べ多くの年金を受け取っている。

 

年金の受給年齢も段階的に上がるんですよね。

最終的に75歳でしたっけ。

定年して、その退職金で何年、暮らせるのだろうか???


まぁ、75歳まで生きてる保証はないから、そんなに心配しなくていいのかな?

 

しかし、あのアメリカでさえ、…年金生活になったら、フロリダ州に引っ越し、ゆったりとした老後を満喫している。

それは果たして富裕層だけの話なのかは分からない…。

 

こういう問題は、自分の為の話に終始してはいけない。

今の子供(10代未満)、10代、20代、30代の人達の未来は、そう明るくはないと思う。

「AI(artificial intelligence)」の時代になってゆくが、感じ方は人それぞれだと思う。


そして団塊世代と違って、自己負担が確実に増大する。

少子高齢化の社会に、もうなっているのだから・・・。

 

そもそも、リーマンの給料が他の先進国と比べて低過ぎるのだ。

そこを改善してくれないと、って思う。


日本も中国も、1割の富裕層と残り5割の中間層と、4割の貧困層との格差。

格差は広がるばかり…。

リッチな人はよりリッチに。

プアな人はよりプアになってゆく・・・。


リッチ=有能

プア=愚劣

とは言い切れないでしょ…。


来年の参院選自民党が大敗すればよいのだ。

でも、ヤジばかりで代替案も出せない野党に何を期待すればよいのだろうか?


基本、僕は「保守」なので、自民党支持者だ。

だが、安倍首相の支持者ではない。

 

参院選は、前から記しているように、「白票」を投じる。

現在、支持政党が無いからだ…。

「白票」を投じなければ、その後、政治批判する資格は無い。

だから、「棄権」はしません。


総裁選で、もし石破さんが勝っていたら、増税しただろうか?

分からない・・・。


僕は断じて、安倍首相を支持できない。

最初からそうだった訳ではない。

モリカケ問題」、「財務省の公文書、改ざん問題」があってから反安倍になった。

それを解決できなかったのは、野党が無能だからだ(数の力もあるけど)。

そして、安倍首相が誠実ではないからだ。

あの答弁で納得した国民はほとんどいないだろう・・・。


アメリカといい、日本といい、ロシアといい、中国といい、韓国といい、なんで国のトップに

おかしな人が就いてるのだろう???


国民は不幸だ…。


誰だって、明るい未来像を夢見たい…。

そう思えない国の国民なのだ…。


虚しい話だ・・・。

 

いっそ、カナダやニュージーランドに移住しようか、と思ってしまう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

尾崎豊 僕が僕であるために
https://www.youtube.com/watch?v=WUL2tXHDxM0

 

 

 

 

 

 


HP 「Aki's Bar」
http://aki-s-bar2.webnode.jp/

スマホからは見れません。